給食経営管理論|管理栄養士国家試験問題

第35回国家試験 問158

事業所の給食運営を食単価契約で受託している給食会社が、当該事業所の損益分 岐点分析を行った。その結果、生産食数に変化はないが、損益分岐点が低下していた。その低下要因である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

第32回国家試験 問169

K総合病院の、18歳以上の患者に対する一般食における給与栄養目標量に関する記述である 。正しいのはどれか。1つ選べ。

第34回国家試験 問156

給食施設の種類と給食の目的に関する組合せである。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

第34回国家試験 問162

社員食堂の給与栄養目標量を見直す際のアセスメント項目である。給食の運営を受託している事業者自らが把握する項目として、最も適当なのはどれか。1つ選べ。

第31回国家試験 問163

経口移行加算を算定できる児童福祉施設である。正しいのはどれか。1つ選べ。

第30回国家試験 問170

事業所給食における、天候不順による野菜の価格高騰時の対応である。食材費を予算内に収める対応として、最も適切なのはどれか。1つ選べ。

第30回国家試験 問166

病院給食の運営業務を外部委託する際の委託側のメリットである。正しいのはどれか。2つ選べ。

第34回国家試験 問159

給食に関わる費用と原価の組合せである。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

第31回国家試験 問178

500食規模のA給食施設の調理場には、冷却設備として冷蔵庫、真空冷却機、ブラストチラーがある。ゼラチンを用いたフルーツゼリーの調理工程における冷却方法として、最も適切なのはどれか。1つ選べ。

第31回国家試験 問162

病院の栄養・食事管理に関する記述である。誤っているのはどれか。1つ選べ。

第31回国家試験 問171

野菜の冷凍食品に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

第33回国家試験 問173

給食の食材管理に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

第34回国家試験 問161

調理従事者の OJT(on the job training)に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

第33回国家試験 問167

給食施設における経営資源とその課題の組合せである。正しいのはどれか。1つ選べ。

第35回国家試験 問165

給食の生産・提供システムに関する記述である。 最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

第33回国家試験 問180

事業所給食の食堂に関する記述である。誤っているのはどれか。1つ選べ。

第30回国家試験 問173

少量調理と比較した大量調理の特性に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

第32回国家試験 問167

会社の社員食堂におけるマーケティング戦略と、その具体的な活動の組合せである。正しいのはどれか。1つ選べ。

第33回国家試験 問179

給食の安全・衛生管理に配慮した施設・設備に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

第34回国家試験 問151

高齢者の介護予防を目的とした公衆栄養プログラムの評価項目と、評価の種類の組合せである。正しいのはどれか。 1 つ選べ。