公衆栄養学|管理栄養士国家試験問題

第30回国家試験 問160

特定健康診査・特定保健指導の企画に関する記述である。誤っているのはどれか。1つ選べ。

第34回国家試験 問149

公衆栄養マネジメントに関する記述である。誤っているのはどれか。 1 つ選べ。

第32回国家試験 問156

保健統計に関する調査とそこから得られる情報の組合せである。正しいのはどれか。1つ選べ。

第34回国家試験 問147

食事調査における摂取量の変動に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

第31回国家試験 問147

都道府県が設置する保健所の事業に関する記述である。誤っているのはどれか。1つ選べ。

第35回国家試験 問152

地域包括ケアシステムに関する記述である。最も適当なのはどれか。 1つ選べ。

第33回国家試験 問147

開発途上国における健康・栄養問題の現状に関する記述である。誤っているのはどれか。1つ選べ。

第30回国家試験 問152

栄養疫学研究の内容と研究デザインの組合せである。正しいのはどれか。1つ選べ。

第31回国家試験 問143

地域の公衆栄養活動についての記述である。誤っているのはどれか。1つ選べ。

第32回国家試験 問152

国際的な公衆栄養活動とその組織の組合せである。正しいのはどれか。2つ選べ。

第31回国家試験 問157

図はA保健所管内の地図である。B市の南部には鉄道の駅があり、また、市全域の路線バス網も発達している。駅周辺地域は商業地であり、保健所管内全体の中心的な地区となっている。一方、C村は少子高齢化が進む過疎地域である。A保健所が中心となり、C村住民の食環境整備プログラムを検討することになった。保健所が最初に取り組むべきことである。最も適切なのはどれか。1つ選べ。

第34回国家試験 問140

世界の健康・栄養問題に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

第34回国家試験 問139

わが国の食料自給率に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

第33回国家試験 問151

国民健康・栄養調査に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

第30回国家試験 問149

国民健康・栄養調査の実施に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

第31回国家試験 問154

地域住民(成人)の栄養アセスメントに、食事摂取基準を活用する方法である。正しいのはどれか。1つ選べ。

第34回国家試験 問150

日本人の食事摂取基準(2015 年版)を活用して、成人集団の食事改善計画を立案する際の目標設定である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

第30回国家試験 問146

健康増進法に規定されている施策の実施者に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

第31回国家試験 問145

わが国の食料自給率に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

第34回国家試験 問138

最近の国民健康・栄養調査結果に関する記述である。正しいのはどれか。 1 つ選べ。