臨床栄養学|管理栄養士国家試験問題

第30回国家試験 問132

COPD(慢性閉塞性肺疾患)の病態と栄養管理に関する記述である。誤っているのはどれか。1つ選べ。

第33回国家試験 問117

25%ブドウ糖基本輸液1,200mL(1,200kcal)、総合アミノ酸製剤600mL(400kcal、窒素量9g)、20%脂肪乳剤100mL(200kcal)を投与した。この時のNPC/N(非たんぱく質カロリー窒素比)である。正しいのはどれか。1つ選べ。

第31回国家試験 問136

70歳、男性。慢性閉塞性肺疾患(COPD)である。身長170cm、体重45kg。基礎代謝量は1,125kcal/日で、半年前と比較して5kgの体重減少がみられた。栄養管理に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

第33回国家試験 問136

新生児の頭蓋内出血を予防するために補給する栄養素である。正しいのはどれか。1つ選べ。

第35回国家試験 問128

93 歳、女性。身長 150 cm、体重 50 kg、BMI 22.2 kg/m2 。 2年前に認知症と診断され、その頃から誤嚥性肺炎を繰り返し、胃瘻を造設した。この患者の栄養管理に関する記述である。誤っているのはどれか。 1 つ選べ。

第33回国家試験 問142

褥瘡に関する記述である。誤っているのはどれか。1つ選べ。

第34回国家試験 問132

22歳、女性。神経性やせ症(神経性食欲不振症)。嘔吐や下痢を繰り返し、2週間以上ほとんど食事摂取ができず、入院となった。この患者の病態および栄養管理に関する記述である。最も適切なのはどれか。1つ選べ。

第33回国家試験 問115

臨床栄養の用語とその内容の組合せである。正しいのはどれか。1つ選べ。

第30回国家試験 問137

広範囲熱傷患者の急性期の病態と栄養管理に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

第33回国家試験 問134

バセドウ病に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

第35回国家試験 問113

水分出納において、体内に入る水分量として計算する項目である。 最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

第34回国家試験 問112

代償性肝硬変患者の栄養モニタリング項目である。最も適当なのはどれか。1つ選べ。

第32回国家試験 問117

骨格筋量のアセスメント指標である。正しいのはどれか。1つ選べ。

第35回国家試験 問131

食物アレルギーに関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

第30回国家試験 問124

糖尿病治療薬とその主作用の組合せである。誤っているのはどれか。1つ選べ。

第30回国家試験 問133

貧血とその原因の組合せである。正しいのはどれか。1つ選べ。

第35回国家試験 問112

クリニカルパスに関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

第35回国家試験 問133

がん患者の病態と栄養管理に関する記述である。 最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

第31回国家試験 問132

循環器疾患とその栄養管理に関する組合せである。正しいのはどれか。1つ選べ。

第31回国家試験 問119

身体徴候と病態の組合せである。誤っているのはどれか。1つ選べ。